ドメイン取得の手引きHOME>>

日本語ドメインとは

 日本語ドメインとは、セカンドレベルドメインに2バイト文字を使えるようにしたもので、正確には「多言語ドメイン」と呼んだほうが良いかもしれません。

 本来はドメインには半角の英数字(1バイト文字)しか使えませんでしたが、漢字やひらがななどの2バイト文字、つまり日本語や中国語、韓国語などをそのままドメインとして使える様になりました。

 「日本.com」とか「東京.jp」というようなドメインを取得して使えるようになったということです。

 ただし、現在最も利用者が多いブラウザのインターネットエクスプローラー(IE)6は、デフォルトではこの日本語ドメインに対応していないので、専用のプラグインを入れない限りアドレスバーに直接日本語ドメインを入力してもサイトを表示することは出来ません。
 プラグインを入れている人がどれだけいるか分かりませんが、現段階では少しリスクがあると思います。

 IE7は日本語ドメインに対応していますので、IE7が普及すれば日本語ドメインの普及も加速するかもしれません。

 また、Firefox、Opera、Safariなどのブラウザも日本語ドメインに対応しています。



スポンサードリンク