ドメイン取得の手引きHOME>>

ドメインとは

 ドメインを取得する前に、まずドメインとは何かを説明したいと思います。

 独自ドメインを取得するために必ず必要な知識というわけではありませんが、一応知っておいたほうがいいと思います。

 ドメインとは、簡単に言えばインターネット上の住所です。

 例えば、YAHOOジャパンのトップページを見ると、ブラウザ(インターネットエクスプローラーやFirefoxなど)のアドレスバーの部分に「http://www.yahoo.co.jp/」と表示されます。この「yahoo.co.jp」の部分がドメインです。

 もうひとつ例を。このサイト『ドメイン取得の手引き』のトップページのアドレスは「http://domain.hassin.info/」です。このうち「hassin.info」がドメインです。もちろん私が取得した独自ドメインです。「domain.hassin.info」は「hassin.info」のサブドメインです。ひとつドメインを取得すると、サーバーの設定にもよりますが、「○○○.hassin.info」というサブドメインを複数作ることが出来ますので、いくつものホームページを運営するときに非常に便利です。(サブドメインについては別のページで説明します。)

 また、ドメインはメールアドレスに使うことも出来ます。例えば「○○○@hassin.info」という様にです。(○○○の部分は自分で好きに決められます)
 貴方が「山田太郎」という名前で、「yamada.com」という独自ドメインを取得すれば「taro@yamada.com」というメールアドレスが使えるようになります。かっこいいと思いませんか?

 さて、ドメインは二つの部分に分けることが出来ます。ひとつはトップレベルドメイン、もうひとつはセカンドレベルドメインです。

 トップレベルドメインとは、先ほどの例でいうと、「.co.jp」や「.info」のことです。他には「.com」「.jp」「.net」などがあります。

 セカンドレベルドメインとは「yahoo」や「hassin」の部分を指します。

 独自ドメインを取得するということは、トップレベルドメインを選び、セカンドレベルドメインを自分で決めて、それを自分のホームページのURLやメールアドレスで使えるようにするということです。




最新記事

スポンサードリンク