ドメイン取得の手引きHOME>>

ドメイン取得その1~ドメインを考える

 ドメインを取得するためにまず始めにすることは、どんなドメインにするかを考えることです。

 まず、トップレベルドメインを何にするかを決めましょう。「.com」「.jp」「.biz」「.info」など自分の好きなドメインを決めます。
 この、トップレベルドメインによって維持費が変わってきますのでその辺も考慮してください。
 やすい方が良いという方には、「.com」「.net」「.info」「.biz」「.org」のドメインをお勧めします。

 次に、セカンドレベルドメインを考えましょう。セカンドレベルドメインは、自分で自由に設定することができます。
 ただし、使える文字と文字数が決まっています。
 使える文字は「a」から「z」までの半角アルファベットと「0」から「9」までの半角数字、そして「-」半角のハイフンです。アルファベットの大文字小文字は区別されません。またハイフンは文字列の最初と最後には使えません。また、ハイフンを3文字目と4文字目に連続して使うことも出来ません。
 文字数は最低3文字、最高63文字です。

 余談ですが、2002年版のギネスブックに世界で最も長いドメインが載っているそうです。そのドメインは「llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch.co.uk」です。

 日本語のドメインを取得することも出来ます。例えば「ドメイン.com」とか、「日本語.jp」などです。
 ただし、維持費が英数字のドメインに比べ高いことや、代表的なブラウザの「IE6」が日本語ドメインに対応していないなど、現段階では若干の問題があります。(「IE7」は日本語ドメインに対応しています)
 私としては、日本語ドメインは今のところ様子見かなと思います。

 希望のドメインは何種類か考えておいたほうが良いです。というのは、そのドメインが既に他の誰かに取得されているかもしれないからです。
 ドメインはインターネット上の固有の住所です。二つ同じ住所があったらおかしいですよね。そう、誰かが既に取得済みのドメインを取得することは出来ないのです。

 長い時間考えて「これだ!」と思ったドメインがもう使われていたら、結構ショックです。そのためにも候補はいくつか用意しましょう。

 セカンドレベルドメインだけを決めて、トップレベルドメインは空いてるものにするという手もあります。



スポンサードリンク