ドメイン取得の手引きHOME>>

ドメイン取得の手引き-8ページ目-

 ムームードメイン で新しいドメインが取得できるようになりました。
 それも一挙に44種類もの新ドメインが取得可能になったのですからビックリです。

 せっかくなので、新しく追加されたドメインを全部紹介しましょう。

 【ビジネス系】
  .holdings(ドット ホールディングス)
  .estate(ドット エステート)
  .company(ドット カンパニー)
  .ventures(ドット ベンチャーズ)
  .center(ドット センター)
  .contractors(ドット コントラクタース)
  .ceo(ドット シーイーオー)
  .careers(ドット キャリアズ)
  .guru(ドット グル)
  .management(ドット マネジメント)
  .enterprises(ドット エンタープライゼズ)
  .plumbing(ドット プラミング)
  .construction(ドット コンストラクション)
  .cab(ドット キャブ)

 【趣味系】
  .gallery(ドット ギャラリー)
  .camera(ドット カメラ)
  .graphics(ドット グラフィックス)
  .photos(ドット フォトズ)
  .photography(ドット フォトグラフィー)
  .tips(ドット ティップス)
  .training(ドット トレーニング)
  .voyage(ドット ボヤッジ)

 【生活・文化系】
  .today(ドット トゥデイ)
  .support(ドット サポート)
  .land(ドット ランド)
  .kitchen(ドット キッチン)
  .clothing(ドット クロージング)
  .recipes(ドット レシピズ)
  .builders(ドット ビルダーズ)
  .academy(ドット アカデミー)
  .directory(ドット ディレクトリ)
  .singles(ドット シングルズ)

 【製品系】
  .bike(ドット バイク)
  .shoes(ドット シューズ)
  .lighting(ドット ライティング)
  .equipment(ドット イクィップメント
  .computer(ドット コンピューター)
  .limo(ドット リモ)
  .diamonds(ドット ダイアモンズ)

 【テクノロジー系】
  .email(ドット イーメール)
  .systems(ドット システムズ)
  .technology(ドット テクノロジー)
  .solutions(ドット ソリューションズ)
  .domains(ドット ドメインズ)

 これだけあればひとつくらいは欲しいドメインが見つかるんじゃないでしょうか?

 私は、「.domains」欲しいです・・・。

 取得費用は2,980円~5,980円とちょっとお高めですが、ビジネスでも使いやすそうなドメインもたくさんあるし、本当に新しいドメインなので希望するセカンドレベルドメインの文字列があいている可能性も高いです。この機会に取得を考えてみてはいかがでしょうか。

 詳しくはムームードメインのホームページ をご覧ください。

 

 新しい地理的名称ドメインの先行登録の受付が開始されました。

 「.nagoya」「.tokyo」に続く第三弾は「.yokohama(ドット横浜)」です。
 横浜に本店・支店のある会社や、横浜に関連するサイトの運営者には朗報ですね。

 新ドメインですから、希望の文字列のドメインが取得できる可能性は非常に高いです。

 先行登録の期間は、2014年6月5日~8月4日がサンライズ登録申請(商標権者向け先行登録申請)、8月6日~9月19日がランドラッシュ登録申請(一般向け先行登録申請)となっています。
 通常の一般登録は9月25日からになる予定です。

 詳しくはムームードメイン またはお名前.com のホームページをご覧ください。


 いよいよ夏本番です。夏といえばやっぱり沖縄!ということかどうかは定かではありませんが・・・。
 とにかく日本の地理的名称ドメイン第四弾「.okinawa(ドット沖縄)」の先行登録の受付が開始されました。

 先行登録受付のスケジュールは、平成26年7月1日12:00~8月30日12:00がサンライズ登録申請、9月8日12:00~10月8日19:00がランドラッシュ登録申請です。
 サンライズ登録は希望ドメイン名と一致する商標権を持つ人のみが対象で、ランドラッシュ登録は誰でも申請可能です。

 ドメイン取得は早い者勝ちが原則なので、一般登録が始まってからでは希望するドメイン名が取得できないかもしれません。
 沖縄関連のサイト運営をしている方や、沖縄の企業さんはぜひこの機会に先行して希望ドメインを取得しちゃってください!

 詳しくはムームードメインのホームページをご確認ください。


 ドメインの取得費用が レジストラによってどのくらい違うのか、ちょっと比べてみました。
 価格設定がお手ごろと思われる6社で代表的なドメインと新しいドメインを適当に選んで比較しています。

 価格は通常時(キャンペーン期間外)の一年契約価格で、消費税は含んでいません。また、支払い方法によっては手数料が別途必要になる場合があります。

各社ドメイン取得費用比較表
  ムームードメイン お名前
.com
バリュードメイン スター
ドメイン
エックスドメイン みんなのドメイン
.com 920円 920円 920円 920円 990円 788円
.jp 2,840円 2,840円 2,840円 2,360円 2,820円 7,434円
.co.jp 3,780円 3,780円 3,780円 3,680円 3,760円  
.net 920円 920円 920円 850円 990円 788円
.org 990円 990円 990円 990円 990円 788円
.asia 1,980円 1,980円 1,980円 1,880円 1,980円 1,746円
.mobi 1,980円 1,980円 1,980円 1,880円 1,980円 1,531円
.nagoya 920円 920円 920円      
.tokyo 920円 920円 920円      
.yokohama 920円 920円 920円      
.email 2,980円 2,980円 2,980円      
.company 2,980円 2,980円 2,980円      
.domains 3,980円 3,980円 3,980円      
.camera 3,980円 3,980円 3,980円      
.kitchen 3,980円 3,980円 3,980円      
.holdings 5,980円 5,980円 5,980円      
H26年10月比較

 GMOグループ(ムームードメインお名前.comバリュードメイン)は見事なまでに価格統制(?)されています。全く同じ価格でした。
 スタードメインはGMO陣営と同じか、若干安くなっています。特に「.jp」が安いですね。
 エックスドメインは若干の差はありますが、ほぼGMOグループと同じ感じです。
 みんなのドメインは「.com」「.net」などのgTLDは安いですが、「.jp」をはじめとするccTLDは極端に高いです。「.co.jp」は扱っていないみたいだし、ccTLDに関してはどうも弱いようですね。

 比較してみて思ったのですが、いわゆる格安を売りにしているレジストラは、ある程度の差はあるものの、価格についてはそう大きく違いは無いように感じました。
 価格よりも、設定のしやすさなどの機能性や、サービス等を重視して選んだ方がよさそうですね。

 独自ドメインを無料で取得できて、ドメイン更新料も無料というサービスを提供しているレンタルサーバーはいくつかありますが、その中でもおすすめのレンタルサーバーをご紹介したいと思います。


大塚商会のレンタルサーバー

 独自ドメインが無料で取得できるレンタルサーバーで特におすすめといえるのが、大塚商会のレンタルサーバーです。
 全てのプランで独自ドメインが無料で取得できます。もちろんサーバーを契約し続けている限りはドメインの更新料は永久に無料です。

 そして、無料で取得できるドメインの種類が他のレンタルサーバーに比べて多いというのが特徴です。特筆すべきは、「.co.jp」「.or.jp」「.ac.jp」「.ed.jp」「.go.jp」という会社法人や財団法人、社団法人、学校法人、特殊法人などの各種法人向けのドメインが永久無料という点でしょう。これはおそらく大塚商会だけだと思います。また「.jp」ドメインも無料で取得できるので、法人以外の方にもおすすめです。
 上記のccTLDドメイン(特定の国の組織や人だけが取得できるドメイン)以外に、gTLDドメイン(世界中の誰もが取得できるドメイン)では「.com」「.net」「.org」「.biz」「.info」「.tokyo」が無料です。

 サポート体制が充実しているのも大塚商会のレンタルサーバーの特徴です。
 土日祝日もフリーダイヤルでの電話サポートが受けられますし、メール・FAXでのサポートは24時間受け付けていますから、万一のトラブル時や分からないことがあっても安心です。

 セキュアなサーバー環境もビジネス向けにオススメする理由のひとつです。
 365日・24時間体制でサーバーを有人監視。万全の空調システムを完備し、無停電電源装置(UPS)や自家発電設備で停電時をバックアップ。大容量・高速インターネットバックボーンを使用するなど、サーバーの高速・安定稼動に特に力を注いでいるレンタルサーバーです。



>>法人におすすめ!大塚商会のレンタルサーバー



エックスサーバー

 比較的低価格で、高速、大容量、マルチドメイン・サブドメイン・メールアドレス全部無制限でおすすめのエックスサーバーですが、こちらも独自ドメイン無料サービスを提供しています。
 独自ドメインが無料になるのは、3種類あるプランのうち上位2プランの「X20」「X30」で、下位の「X10」では通常対象外になります。
 無料で取得できるドメインは「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」の5種類です。こちらもサーバーを契約している限り、ドメイン更新は永久無料です。
 期間限定で独自ドメインが無料になる「独自ドメインプレゼントキャンペーン」が実施されることもあり、その期間にサーバーを新規契約すれば「X10」プランでもドメインひとつ永久無料になるようですので、キャンペーン狙いもありだと思います。ちなみに私は、X10プランでキャンペーン期間外(というか、そもそもドメイン無料サービスがなかった頃?)の契約だったので無料独自ドメインはもらっていません(涙)。



« 前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8

スポンサードリンク